独立した検査予約で糖尿病ケアを確保

慢性疾患の患者は、医療行為に頻繁に訪れます。定期健診に来る人もいれば、予約が必要な人もいます。特に糖尿病の場合、症状があるかどうかにかかわらず、患者は事前に予約された固定の予約を受けることがよくあります。デンマークには、糖尿病外来が決めた一定の間隔で患者が来院するシステムもあります。これには、HbA1c、低密度リポタンパク質 (LDL) コレステロール、血中クレアチニン レベル、および尿アルブミン クレアチニン比 (uACR) を測定するための年 1 回の医師の診察が含まれます。さらに、HbA1c 測定を行う、特別に訓練された糖尿病看護師への 1 回または 2 回の訪問が予定されています。ドイツでも、疾病管理プログラム、略して DMP と同様の状況です。ここでも、症状の有無に関わらず、どのくらいの頻度で受診するべきかが明記されています。

自己管理を強化する

しかし、ここ数年、糖尿病外来の患者を疾病管理に積極的に関与させ、自己管理のサポートを強化し、例えば、いつ、どのくらいの頻度で来院するかを患者自身で決定できるようにする必要があるという声が高まっています。彼らの糖尿病をチェックしてもらいます。これにより、患者のニーズと希望をより考慮に入れることができます。自分の病気にもっと責任を持つことで、治療の順守と生活の質を向上させることができます。患者をより幸せにする方法の 1 つは、いつ、どのくらいの頻度で医師のアドバイスを求めるかを患者に選択させることです。不必要な訪問を避けることができれば、人的資源の節約にもなります。

1型糖尿病のリスク

リスクの 1 つは、特に 1 型糖尿病 (T1D) が気付かないうちに悪化する可能性があることです。患者は新たな症状がないか、気分が悪化しています。したがって、彼らは予約が不要であると考えるかもしれません。エスビャークにある南デンマーク大学病院の Nina Drøjdahl Ryg が率いるデンマークの研究チームは、現在、このトピックに取り組んでいます。この結果は、Diabetes Care 誌に掲載されました。

目的

定期的な外来通院には、1 型糖尿病患者にとって多くの利点と欠点があります。ほとんどの場合、患者が来院する間隔は、糖尿病外来によって設定されます。この研究では、科学者チームは、患者がいつ、どのくらいの頻度で外来診療所を訪れるかを患者自身が決定した場合、患者の満足度と 1 型糖尿病の臨床的変数がどのように影響を受けるかを調べました。

この研究の目的は、1 型糖尿病の外来患者のための新しい管理モデルを開発することでした。モデルでは、影響を受けた人は自己組織化の割合が高くなるはずです。チームは、臨床糖尿病ケアの質を犠牲にすることなく、安全に、必要と考える訪問回数を患者が自分で決定できるようにすることが可能であるという仮説を立てました。

方法論

無作為化比較試験は合計 24 か月にわたって実施され、2019 年 12 月に終了しました。2017 年 3 月から 2017 年 12 月の間に、2 つの外来診療所から 1 型糖尿病 (T1D) の患者が選択されました。

包含基準は、少なくとも6か月間存在していたT1D(ICD-10 DE10.x)、インスリン注射またはインスリンポンプによる治療、病院の糖尿病外来診療所への訪問、インターネットの使用、および18歳からの年齢でした。そして80年。重度の精神障害、認知症、または病院の訪問が必要な時期を判断する能力に影響を与える可能性のあるその他の状態を持つ人々は、参加する資格がありませんでした.同様に、進行性網膜症または現在の足潰瘍などの不安定または遅発性の糖尿病合併症を患っており、過去 3 か月以内に HbA1c >2.7% (30 mmol/mol) または過去 6 か月以内に >3.7% (40 mmol/mol) の人月、および計画中または現在の妊娠は除外されます。すべての参加者は、介入群と​​対照群に 1:1 で無作為化されました。

介入群の日付

介入群では、参加者自身がいつ、どのくらいの頻度で外来を受診する必要があるかを決定しました。また、糖尿病看護師、医療スタッフ、または栄養士との面会が必要かどうかを自分で決定することもできました。内分泌専門医との予約は 1 週間以内に、栄養士との予約は 2 週間以内に可能でした。すべての予約は、通常の個人医療提供者を通じてスケジュールされました。 HbA1c、LDL、クレアチニンなどのさまざまな糖尿病マーカーが、各訪問時に定期的に測定されました。さらに、介入群の患者は、いつでも HbA1c 値の血液検査を要求できます。

必要に応じて、参加者は毎日決まった時間に電話または電子メールで看護専門家に連絡し、電話または訪問を求めることができます。それ以上の欠席の場合は、救急車から参加者に連絡がありました。

対照群の日付

対照群では、すべての参加者が一定の間隔で予約された従来のケアスキームを受けました。また、電話または電子メールで別の予約をリクエストするオプションもありましたが、緊急でない限り、このグループの予約の保証はありませんでした.研究グループに関係なく、標準的なスキームで目の検査が継続されました。

一次および二次アウトカム

一次結果は、7 項目の患者満足度合計スコアを使用して決定されました。このアンケートは、患者の満足度、相談の利点、および外来診療所へのアクセスのしやすさに焦点を当てていました。調査は、無作為化の前に 1 回、24 か月後にもう一度行われました。

この研究では、臨床的糖尿病変数と、相談、電話などの人的資源が二次的結果としてどのくらいの頻度で使用されたかを定義しました。

統計分析

すべてのデータは、治療意図分析として統計的に評価されました。とりわけ、有意水準p<0.05の両側t検定を使用した。

結果

1型糖尿病の合計848人の外来患者がスクリーニングされました。これらのうち、357人の患者を含めることができました(介入群178人、対照群179人)。平均年齢は 48±14 歳で、大多数は 5 年以上病気にかかっていました (88%)。介入群では 25 人の参加者が研究から離脱し、対照群では 10 人でした。

外来診療所の満足度とアクセシビリティ

研究の著者によると、糖尿病診療所でのケアに対する満足度は、デンマークでは一般的に非常に高い. 95%が外来診療所に少なくとも満足していました。研究期間の終わりに、患者のニーズをカバーすることに関して、両方のグループの満足度は高いままであるか、さらに向上しました。介入群は、外来診療所の方がアクセスしやすいと述べた (p<0.05)。ここでは、相談によるより多くの利点も報告されており(グループ内で p < 0.05)、必要な訪問は少なくなりました(グループ比較で p < 0.05)。 7 項目の患者満足度の合計スコアも、24 か月後、対照群よりも介入群の方が統計的に有意に高かった (p<0.001)。患者は、自分の治療により深く関わっていると感じたと報告しました (p<0.05)。

介入群の参加者の 58% が、自分で開始した外来受診を好んだ。対照群ではわずか 20% (p<0.001) でした。これは特に 50 歳以上の参加者に当てはまりました。

臨床結果

両方のグループで、さまざまな血液測定値は安定したままでした。 HbA1c は、対照群と比較して 24 か月後も変化がありませんでした。介入群は対照群よりも劣っていなかった。しかし、介入群の患者は HbA1c 検査を要求する頻度がやや低かった (p<0.05)。平均外来受診回数も介入群の方が低かった(4.4±2.8 対 6.3±2.7、p<0.001)。ただし、参加者はより頻繁に電話連絡を要求しました (3.1 ± 3.4 対 2.5 ± 3.2; p<0.001)。全体として、男性の参加者は女性よりも頻繁に影響を受けました。

結論

介入群では外来患者の訪問が少なかったにもかかわらず、研究中に患者の満足度は低下しませんでした。それどころか、患者がいつ医療相談を必要とするかを自分で決めることができれば、それは同じままか、さらに増加し​​ました.糖尿病ケアの質も変わらず、HbA1c 測定値も悪化しませんでした。

糖尿病外来の受診頻度や受診時期を患者さん自身が決められるようになれば、人的資源の削減につながります。研究の著者は、患者が糖尿病外来診療所を訪れる頻度を自分で決定するのは安全であると結論付けています.

!-- GDPR -->