トリッパー:アジスロマイシンに対する高い耐性率

ここでは2つの問題が発生します。一般的に抗生物質耐性が増加し、同様に性感染症(STD)の数が増加します。そのうち、淋病、つまり淋病は、欧州連合/欧州経済領域の国々で推定50,000件の新規症例が報告されています( EU / EEA)は2番目に一般的なSTDです。

標準治療:アジスロマイシンによるセフトリアキソン

淋病に対してWHOが推奨する基本的な治療法は、アジスロマイシンと組み合わせた非経口抗生物質セフトリアキソンで構成されています。淋病の治療が成功すると、骨盤の炎症、子宮外妊娠、不妊症、HIV感染のリスクの増加などの合併症のリスクが軽減されます。

ヨーロッパの保健当局は、抗生物質に対する世界的な耐性の高まりも淋病の治療の成功を危険にさらしていることをよく知っています。したがって、欧州疾病予防管理センター(ECDC)は、EU諸国および欧州経済領域の抵抗状況を定期的に調査しています。 「欧州淋菌抗菌サーベイランスプログラム」(Euro-GASP)の結果が発表されました[1、2]。

淋菌分離株の7.5%はアジスロマイシンに耐性があります

このプログラムでは、2017年にEU / EEAの27か国で3,248の淋菌分離株の耐性がテストされました。分離株の1.9%はセフィキシムに耐性があり、7.5%はアジスロマイシンに耐性がありました。これは前の調査年2016(2.1%および7.5%)と比較してほとんど増加しませんでしたが、これらの抗生物質のそれぞれに耐性を持つ分離株を報告する国の数は増加しました。

セフトリアキソンはまだ働いています

2017年と2016年には、セフトリアキソンに耐性のある分離株は見つかりませんでした。ただし、2015年に1分離株、2014年に5分離株、2013年に7分離株が報告されたため、これはセフトリアキソンが完全に明確であることを意味するものではありませんでした。

「2年連続でテストされた分離株でセフトリアキソン耐性が見られなかったという事実は心強いものです。しかし同時に、セフトリアキソンとアジスロマイシンの推奨される二重療法の妨げとなるため、ヨーロッパでのアジスロマイシンに対する持続的な耐性について非常に懸念しています」と、ソルナのECDCでEuro-CFSPのコーディネーターを務めるGianfrancoSpiteriは述べています。 、スウェーデン[1]。

アジアからの耐性淋菌

ドイツのSTI協会(DSTIG)は、ECDCの発行の1週間前に発行された新しいガイドラインの状況をそれほど深刻ではないと考えています[3,4]。彼女は標準的な治療法に固執しています。「ドイツの淋菌の抵抗状況は心配していません。セフトリアキソン1-2giv。 DSTIDは、特にアジアから多剤耐性菌が導入されていることを指摘しています。したがって、既往歴をとるときは、アジアまたはアジア人との(性的な)接触の可能性について尋ねる必要があります。

!-- GDPR -->