心筋線維症はTAVIによると予後に影響を与えます

バックグラウンド

大動脈弁狭窄症は、動脈性高血圧症および冠状動脈疾患に次いで3番目に多い心血管疾患です。それらの有病率は年齢とともに増加し、研究にもよるが、65歳以上では2〜7%である。高齢の患者は通常、石灰化型の大動脈弁狭窄症に苦しんでいます。大動脈弁狭窄症によって引き起こされる増加した作業負荷の結果として、心筋の線維症の増加に伴う左心室のリモデリングがあります。大動脈弁狭窄症は、弁膜症としてだけでなく、左心室の病気としても見られるべきであるという声が高まっています。

心筋線維症の重要な役割

大動脈弁狭窄症の結果としての心筋線維化はまた、心不全の発症において、したがって経カテーテル大動脈弁留置術(TAVI)後の患者の長期予後にとっても重要な役割を果たす可能性があります。過去10年間で、TAVIは、進行した大動脈弁狭窄症に対する外科的介入の代替として、特に穏やかな手順としての地位を確立してきました。 HerzzentrumderUniversitätsmedizinGöttingen(UMG)の医師は、心筋線維化がTAVI後の重度の大動脈弁狭窄症患者の長期治療結果にどの程度影響するかを調査しました[1,2]。

目標の設定

この研究の目的は、大動脈弁狭窄症のさまざまなサブタイプにおけるTAVI後の左心室リモデリング、回復、および死亡率に対する心筋線維化の影響を判断することでした。

メソッド

TAVIのために心臓センターに入院した100人の患者が研究に含まれました。手順の前に、経胸壁心エコー検査(TTE)、経食道心エコー検査(TEE)、6分間の歩行テスト、心不全を伴うミネソタ州の生活の質に関する質問票(MLHFQ)が実施されました。ニューヨーク心臓協会(NYHA)のステータスとNT-proBNPが決定されました。心臓血管磁気共鳴画像法(CMR)も一部の患者で実施されました。

心筋線維症の評価

TAVI弁の配置に続いて、すべての参加者から左心室の基底前中隔から生検が行われました。心筋線維化の程度は、定量的形態計測によって調製物上で決定された:青色の領域(コラーゲン検出)が全組織と比較された。患者は、心筋線維症の程度に応じて2つのグループに分けられました。心筋線維症の程度の中央値をガイドとして使用した。病理組織学的検査は、それぞれの臨床所見および画像所見を知らされていなかった。

フォローアップとエンドポイント

構造化された追跡観察の一環として、TTE、6分間の歩行テスト、MLHFQ、およびNT-proBNPの測定が、それぞれ6か月、1年、および2年後に繰り返されました。この研究の主要評価項目は心血管系死亡率であり、副次評価項目は2年間の追跡期間中のすべての原因による死亡率でした。

結果

35人の女性と65人の男性が研究に参加しました。参加者の平均年齢は78±7歳でした。参加者の70%はCHDの病歴があり、43%は心房細動、45%は糖尿病、54%は慢性腎不全でした。患者のほぼ4分の3(74%)はNYHAクラスIIIおよびIVに属していました。コホートにおける心筋線維化(MF)の程度の中央値は11%であると決定されました。したがって、患者は11%以上(MF +)または11%未満(MF-)のグループに分けられました。

フォローアップ死亡率

フォローアップ期間中に、参加者の合計22人が死亡し、そのうち14人は心血管系の原因によるものでした。 MF +(n = 13)の患者は、MF-(n = 1)の患者よりも心血管死を起こす可能性が有意に高かった。心血管死亡率はMFで+ 26.5%、v MFで2%でした。 (P = 0.0003)。多変量解析は、MF +が心血管死亡率の独立した予測因子であることを示しました(ハザード比[HR] 27.4(2.0-369)、P = 0.01)。

結論

研究の最初の著者である博士。 UMG Clinic for Cardiology andPneumologyの主治医であるMiriamPulsは、次の結論を導き出しました。「これらの結果から、TAVI後の患者の長期生存を改善するために新しい治療アプローチを検討する必要があります。過去には、TAVI後の左心室にあまり注意を払っていなかったようです。これまでのところ、心筋線維症に対する特定の治療法はないため、抗線維化薬は将来の研究で確実にテストする必要があります。」

!-- GDPR -->