麻薬条例報告書2018発行

被保険者の自己負担を含む法定健康保険(GKV)の医薬品支出により、前年度と比較して14億ユーロ(3.7%)の明らかな増加が記録されています。 2017年の支出は399億ユーロでした。

「この増加の主な原因は、昨年、法定健康保険医薬品市場で185億ユーロを占めた特許医薬品です。これは、過去20年間で売上高のシェアが33%から45%に増加したことを意味します。」教授は言います。博士med。ウルリッヒシュヴァーベ、薬物条例報告書2018の編集者。

薬剤処方レポートの編集者であり、AOK科学研究所(WIdO)のマネージングディレクターでもあるユルゲン・クラウバーは、多くの場合、より小規模な患者グループの高額治療への薬剤支出の大幅なシフトを確認しています。彼は次のように述べています。「一部の疾患グループは、処方量が特に少ないという特徴がありますが、非常に高価な特許保護薬が使用されています。たとえば、すべての薬剤支出の34%が癌、ウイルス性疾患、および体自身の免疫系の深刻な病気は、処方されたすべての1日量のわずか1パーセントです。」これは、これらの治療分野の支出のシェアが2007年から2017年の間に2倍になったことを意味します。

生物製剤およびバイオシミラー

薬の処方レポートによると、2017年の生物製剤の売上高は113億ユーロで、2007年以降3倍になっています。バイオシミラー(生物製剤の模倣品)は10年以上前から入手可能ですが、市場への浸透はまだ低いです。

希少疾病用医薬品

希少疾病用のいわゆる希少疾病用医薬品でも、高価格の傾向が見られます。 2017年には、希少疾病用医薬品として承認されたすべての医薬品の売上高は33億ユーロに達しました。これは、法定健康保険の総売上高の約8パーセントに相当します。この売上シェアは過去10年間で3倍になりました。 2017年に発売された最も高価な10の市場には、7つの希少疾病用医薬品が含まれ、すべて年間治療費が100,000ユーロを超えていました。最も高価な希少疾病用医薬品は約750,000ユーロにもなります。

!-- GDPR -->