2020年3月からのはしかの予防接種

はしかは、人間にとって最も伝染性の高い感染症の1つです。はしかの感染症は重篤であり、合併症や二次的な病気につながることがよくあります。 2018年には、はしかの症例数は世界中で2倍になりました。子供だけでなく、青年や大人もはしかの影響を受けており、実際に子供時代に行われるべき予防接種が怠られていることを示しています。

はしか保護法は、公衆衛生を保護するために可決されました。同法は2020年3月1日に施行される予定です。連邦議会の承認は必要ありません。

法案の主な規定

  • デイケア、学校、またはその他の地域施設に入学する前に、すべての子供は、推奨されるはしかの予防接種を受けたことを証明する必要があります。
  • これらの施設または医療施設で働きたい人は、はしかの完全な予防接種の証拠も提出する必要があります。
  • 庇護希望者と難民避難所では、居住者と労働者の両方が予防接種の証拠を提出しなければなりません。
  • 常設予防接種委員会の勧告によると、医学的禁忌のある人と1970年より前に生まれた人は予防接種の義務を免除されます。これは、すでに病気にかかっていることが証明されている人々にも当てはまります。
  • 証拠は、予防接種カード、黄色い子供の健康診断の小冊子、または-特にすでに病気にかかっている場合は-診断書によって提供することができます。
  • コミュニティ施設ですでに世話をされている子供とそこで働いている人々は、2021年7月31日までに証拠を提出しなければなりません。
  • ワクチン未接種の子供は、デイケアセンターへの参加から除外することができます。
  • ワクチン未接種の職員は、地域や医療施設で働くことは許可されていません。
  • 予防接種を受けた地域施設で子供を世話していない親は、最高2,500ユーロの罰金を科せられる可能性があります。
  • 罰金は、ワクチン未接種の子供を許可するデイケアセンターにも課せられます。
  • 罰金は、共同施設、医療施設、庇護希望者の宿泊施設の予防接種を受けていないスタッフ、およびそのような宿泊施設の予防接種を受けていない居住者に適用されます。
  • すべての医師(歯科医を除く)は予防接種を行うことができます。
  • 予防接種の文書化も電子形式で可能である必要があります。患者はまた、フォローアップと追加接種の予約を自動的に思い出させることができます。
  • 自主的な一連の予防接種は、学校で再びより集中的に実施されることになっています。健康保険会社は、これらの予防接種の費用の払い戻しについて、ÖGDと合意する義務があります。
  • 連邦健康教育センター(BZgA)は、予防接種に関する詳細情報を提供する必要があります。このために年間200万ユーロの資金が利用可能になります。
!-- GDPR -->