経口避妊薬:癌に対する長期的な保護

ピルは癌に関して安全であることが長い間広められてきました。これは最近、研究分析によって再び確認されました。ピルを使用する女性は、癌のリスクの増加を心配する必要はありません。これは、特に卵巣がん、結腸がん、子宮内膜がんに当てはまります。例外は、乳がんと子宮頸がんの悪性腫瘍です。ピルの使用者は、これらのタイプの癌のリスクがわずかに高くなります。世界保健機関(WHO)の国際がん研究機関IARCは、2012年に同様の結論に達しました。

がんのリスクと観察期間が最も長い錠剤に関する研究

アバディーン大学の研究者は、英国の一般開業医の経口避妊研究のデータを分析しました。 1968年以来、この研究では合計46,022人の女性が追跡されています。これらには、避妊のためにピルを使用した女性と、そうでなければ避妊を使用したか、まったく使用しなかった女性が含まれていました。 2012年までのデータは、一部の参加者から評価できました。したがって、観察期間は最大44年でした。経口避妊薬による癌のリスクを長期間にわたって調査した研究は他にありません。結果は現在、The American Journal of Obstetrics andGynecologyに掲載されています。

ピルを服用してから30年後でもガンのリスクが減少しました

研究分析によると、ピルの使用者は、結腸(19%)、卵巣(33%)、子宮内膜(34%)の悪性腫瘍のリスクが低いことが示されています。さらに、診断されたリンパ腫と白血病は26%少なくなりました。経口避妊薬を使用した後も、保護効果は30年持続します。ハイデルベルクにあるドイツ癌研究センターの遺伝疫学ワーキンググループの責任者であるジェニー・チャン・クロードは、次のように要約しています。どちらか」

癌の可逆性のリスクがわずかに増加

データ分析はまた、癌のリスクがわずかに増加していることを示しています。ピルの使用者は、ピルを使用していないユーザーよりも乳がんと子宮頸がんを発症する可能性がわずかに高くなります。ただし、わずかに増加したリスクは、経口避妊薬を止めてから5年以内に消えます。その後、これらの癌腫の発生率が増加したという証拠はもはやありません。肺がんのリスクの増加は、女性の喫煙者にのみ証明できます。

がんリスクバランスニュートラル

アバディーンの研究グループは、癌腫のリスクバランスは中立であると評価されるべきであるという結論に達しました。過去に経口避妊薬を使用した女性では、悪性腫瘍の長期的なリスクが大幅に増加することは確認できません。したがって、他の医学的理由がない限り、望まない妊娠から保護するためにピルを服用することは、安全な避妊薬として分類されるべきです。

!-- GDPR -->