日本から導入された肺炎球菌ワクチンPneumovax23

日本から輸入された肺炎球菌23型ワクチンは、日本語の文字で市販されています。パックのレイアウトはPEIのWebサイトで確認できます。

現在、肺炎球菌ワクチンのデリバリーのボトルネックがあるため、輸入は薬事法(AMG)に基づく例外的な認可によって合法的に可能になっています。ここでは、現在の配信のボトルネックを見つけることができます。

ワクチンの投与量は、医薬品卸売業者を通じてドイツ全土に配布されています。

詳細

  • 日本のラベル付き商品の商品名は肺炎球菌NPです。
  • Pneumovax NPは、ドイツで承認されたPneumovax23と同一です。
  • 次のバッチが導入されました:肺炎球菌NP、バッチ:R033352、2020年6月11日まで使用可能および肺炎球菌NP、バッチ:R033353、2020年6月13日まで使用可能
  • 中央医薬品番号(PZN)は16653218です。
  • 物流上の理由によりドイツ語のリーフレットが付属していなかったため、パッケージ商品にはドイツ語のリーフレットが付属していません。
  • 商品のシリアル化(つまり、個々のパッケージを薬局から製造業者までさかのぼることができる機能をパッケージに適用すること)も、技術的に実現可能ではなくなりました。
  • ドイツの添付文書と医療専門家向けの情報は、次のリンクからダウンロードできます。
    専門家情報肺炎球菌23
    肺炎球菌23の使用説明書
  • ドイツでよく知られている注射器の充填とは異なり、ワクチンは小さなボトルに充填されます(単回投与)。
  • この商用フォームはドイツでも許可されています。
  • ラテン語の「PNEUMOVAX®NP」が外装に使用されています。
  • 商品名はワクチン容器(バイアル)にラテン語で書かれていません。

バックグラウンド

コロナウイルス2のパンデミックにより、肺炎球菌ワクチンの需要が増加しているため、現在、配信のボトルネックがあります。

ワクチンと生物医学医学のための連邦研究所であるPaulEhrlich Instituteは、ワクチンの品質、安全性、有効性、および州のバッチリリースに関するより高い連邦当局としてドイツで責任を負っています。

薬事法の特別規定の適用により、連邦保健省(BMG)は、特別な条件下で医薬品を輸入することができます[AMG§79]。この場合、医薬品は、入手可能な商品を第三国、ここでは日本に転送するために使用されました。お知らせドイツを紹介します。

Pneumovax23デリバリーのボトルネックに関する詳細情報

配信のボトルネックPNEUMOVAX23

2020年12月8日-プレフィルドシリンジに注射するためのPNEUMOVAX23ソリューションの配信ボトルネックがあります。メーカーが通知します。

推奨処置肺炎球菌23型およびプレベナール13型

2020年3月15日-ロベルトコッホ研究所の常設ワクチン接種委員会は、肺炎球菌ワクチンの送達のボトルネックのために行動を勧告しました。

!-- GDPR -->