リバロキサバンに関する安全性情報

DOACリバロキサバンに関する完了した臨床試験では、これらの副作用の症例は観察されませんでした。ただし、自発的な報告に基づくと、SJS 0.04 / 10,000患者年および無顆粒球症0.03 / 10,000患者年の推定累積世界報告率があります。

米国では、これらの非常にまれな望ましくない副作用は、直接第Xa因子阻害剤の製品情報に示されています。対応する情報はスイスでも従うべきです。また、起こりうる症状や兆候について患者を教育し、発生した場合に医師に相談できるようにすることをお勧めします。

EMAのeudravigilanceデータベースには4つの致命的なケースが記録されています。

薬剤師医薬品委員会は、リバロキサバンに関連して疑わしい症例の報告を求めています。

!-- GDPR -->