初期のアルツハイマー病は網膜に現れますか?

バックグラウンド

無症候性の前臨床アルツハイマー病(AD)のバイオマーカーのテストは、侵襲的で費用がかかります。光コヒーレンストモグラフィー血管造影(OCT-A)は、ADの初期段階ですでに変更されている網膜および微小血管の解剖学的構造の非侵襲的分析を可能にします。

目標の設定

米国ミズーリ州セントルイスにあるワシントン大学の眼科学および視覚科学部のBlissO'Bryhimが率いる研究者チームは、OCT-Aが認知的に正常な研究参加者を前臨床ADのバイオマーカー陽性所見と比較したかどうかを調査しました。バイオマーカー陰性所見のある対照者への初期網膜変化の影響[1]。

方法論

ケースコントロール研究には、セントルイスのワシントン大学にあるアルツハイマー病のチャールズF.とジョアンナイト研究センターから募集された32人の参加者が含まれていました。広範な神経心理測定テストは、すべての参加者が認知的に正常であることを示しました。参加者は、バイオマーカーの状態を判断するために、陽電子放出断層撮影および/または脳脊髄液検査を受けました。

既存の眼疾患、曇り、糖尿病、または管理されていない高血圧症の人々は、研究への参加から除外されました。データは2016年7月1日から2017年9月30日まで収集されました。

OCT-Aシステムを使用して、網膜神経線維層の厚さ、神経節細胞層の厚さ、中心窩の内側と外側の厚さ、血管密度、黄斑体積、中心窩無血管ゾーンの両方で自動測定を行いました。すべての参加者の目。個々の測定データは、共分散分析を使用して評価されました。

結果

30人の参加者(53%女性、平均[SD]年齢74.5 [5.6]歳、年齢範囲62-92歳)の58眼が分析に含まれました。 14人の参加者はADのバイオマーカーが陽性であり、したがって前臨床ADと診断されました(平均[SD]年齢73.5 [4.7]歳)。バイオマーカーの所見が陰性であった16人の参加者が対照群として役立った(平均[SD]年齢75.4 [6.6]歳)。中心窩無血管ゾーンは、コントロールと比較してバイオマーカー陽性グループで大きかった(平均[SD] 0.364 [0.095]対0.275 [0.060] mm2; p = 0.002)。内側中心窩の平均厚さは、バイオマーカー陽性群で減少しました(66.0 [9.9]対75.4 [10.6]μm; p = 0.03)。

結論

研究結果は、前臨床ADの認知的に健康な個人は、構造の変化に加えて網膜微小血管の異常も持っており、これらの変化は以前に示されたよりもADの初期段階で発生することを示唆しています。

より大規模なコホートの縦断的研究で発見が確認された場合、OCT-Aは将来、前臨床アルツハイマー病をスクリーニングするための非侵襲的で費用効果が高く、迅速な機器として使用できる可能性があります。

!-- GDPR -->