頭痛と片頭痛はまだ軽視されています

2021 年 9 月 5 日のドイツの頭痛の日のデジタル記者会見で、個人講師の Dr.ドイツ片頭痛協会 (DMKG) の会長であるティム・ユルゲンスは、約 10 億人 (世界人口の 12%) が片頭痛に苦しんでいると述べています。世界保健機関 (WHO) によると、片頭痛は、最も影響を受ける 10 の病気の 1 つでもあります。頭痛や片頭痛は気弱な人の精神障害ではなく、実際の器質的神経疾患であるという認識が広まりつつありますが、まだ遅すぎます.頭痛や片頭痛が些細なものであることが、これらの疾患が十分に治療されないことが多い重要な理由です [1,2]。

ドイツの供給不足

問題は診断から始まります。 DMKG による調査では、特に初期治療の場合、診断が不正確であり、多くの場合、おそらく誤った仮定に基づいていることが示されています。片頭痛の診断は、患者が首の痛みや両側の頭痛を訴える場合、時期尚早に除外されることがよくあります.これらの症状は片頭痛の除外基準ではないことが現在知られている、と Jürgens 氏は説明した.急性期の投薬と予防治療に関しては、利用可能な選択肢が尽きることはありません。たとえば、偏頭痛の予防が必要であるにもかかわらず、患者の 10% 未満が片頭痛の予防を受けている、と Jürgens 氏は述べています。片頭痛予防薬としての CGRP 抗体は、有効性と忍容性の点で特に有望です。しかし、法定健康保険会社の費用負担による処方はハードルが高く、処方されることは比較的少ない[3]。

子どもと若者の状況

特に子供や青年では、頭痛の供給不足が懸念されます. 「親は問題を過小評価すべきではありません。頭痛は若者の日常生活と将来に深刻な影響を与え、パフォーマンスの低下、学校への恐怖、社会的孤立という悪循環に陥る可能性があります」と記者会見でDMKGの専門家であるグドルン・ゴスラウ博士は述べました。学生の 31.5% が、過去 3 か月間に 1 か月に 2 日以上頭痛に苦しんでいたと述べています [4]。

個別のマルチモーダル療法

頭痛が 2 日以上続いた生徒のうち、48.1% が鎮痛剤を服用していました (49.1% がイブプロフェン、32.8% がパラセタモール)。しかし、68.3% は頭痛の医学的診断を受けていませんでした。診断や医学的管理を伴わない鎮痛剤治療は、特に子供や青年において、薬物の乱用による慢性的な痛みや頭痛など、高いリスクを伴います。ゴスラウ氏は次のように強調しています。片頭痛には遺伝的な原因がある可能性があり、緊張型頭痛とは異なる方法で治療する必要があります」治療は常に、臨床像、若い患者のニーズと可能性に合わせて個別に調整する必要があります.何よりもまず、ストレス管理技術、運動やリラクゼーションなどの非薬物対策が必要であり、必要に応じて投薬で補うことができます.

"攻撃!一緒に頭痛に立ち向かう」

頭痛患者のケアの質を向上させるために、DMKG は近年多くのキャンペーンを開始しました。その一例は、意識向上イニシアチブ »Attack!頭痛に対して一緒に «。このイニシアチブの目的は、個々のケースにおける頭痛の結果だけでなく、社会に対しても、より多くの意識を高めることです.このイニシアチブは、専門知識を伝えることで、被災者のより良いケアに貢献します。 DMKG 頭痛記録は、将来の構造改善の出発点として、日常生活におけるケアの正確な目録を可能にします。頭痛の診療所とセンターの認定は、ドイツの頭痛ケアの質を向上させることを目的としたもう 1 つの手段です。頭痛に苦しんでいる人は、DMKG の Web サイトを使用して、自分の地域の専門的で認定された施設を見つけることができます。日常生活での主な接触者は非医療関係者であることが多いため、DMKG は「DMKG 頭痛看護師」になるためのさらなるトレーニングも提供しています [5]。

!-- GDPR -->