菌状息肉腫:PUVAは延長にも作用します

光増感剤ソラレンとUV-A放射線(PUVA)による治療は、1970年代から菌状息肉腫(MF)の標準治療の一部となっています。このPUVA療法が維持療法としても適しているかどうかは、これまでほとんど調査されていません。したがって、PUVAは、EORTC(European Organization for Research and Treatment of Cancer)による皮膚リンパ腫の導入療法にのみ推奨され、有効性と安全性に関するエビデンスがないため、長期治療には推奨されません。 PUVA療法の最適な期間と頻度、および用量増加の利点に関するデータも不足しています。

MF最も一般的な皮膚リンパ腫

これは、博士の周りのオーストリアの皮膚科医が何であるかです。パブロ・ヴィエラ-ガルシアの変化。皮膚リンパ腫は非常にまれな悪性腫瘍です-たとえMFが皮膚リンパ腫診断の大部分の約3分の2を占めているとしても。したがって、彼らの研究にステージIA-IIAの菌状息肉腫の少なくとも27人の患者を登録するのに3年(2013年から2016年まで)かかりました[1]。

導入期に完全な反応がある場合にのみ維持療法

オーストリアの5つの皮膚科センターの科学者は、最初にMF患者を週2回経口8-メトキシソラレンで12〜24週間治療し、続いてUV-A放射線を投与しました。完全奏効を示した患者の割合を測定しました。これは、修正された重症度加重評価ツール(mSWAT)でゼロに減少することとして定義されています。次に、この指標値を達成した患者をランダム化しました。それ以上のPUVA療法を受けなかったか、PUVAを9か月間維持療法として継続しました。

無増悪期間の中央値:15か月

研究結果は以下を示しました:

  • 患者の70%は、78.5 J / cm2の比較的低いUV-A線量で誘導期に完全な反応を達成しました。 mSWATのベースライン値は、部分奏効のみの患者のベースライン値と有意差はありませんでした。
  • その後の9か月の維持療法により、無病寛解の期間は中央値4か月から15か月に増加しました(P = 0.02)。

MFのバイオマーカーとしてのTCR配列?

オーストリアの皮膚科医は、PUVA療法の組織学的効果も調べました。臨床的改善に伴い、炎症性浸潤の密度が減少し、クローンT細胞受容体(TCR)配列の量が減少したことが判明しました。これらのパラメーターは臨床的改善と非常に密接に相関しているため、将来的にはMFのバイオマーカーとして使用される可能性があります。

PUVAの良好な耐性

PUVA療法の重篤な副作用は、導入期でも維持期でも観察されませんでした。

JAMA皮膚科博士の編集長。 Joan Guitart(シカゴ)は、多くの新しい生物製剤にもかかわらず、用量に注意すればPUVAは非常に効果的で安全な治療法になる可能性があるとコメントしています[2]。米国では、いくつかの事件のために、PUVAはおそらく近年MFでめったに使用されていませんでした。

著者の結論:この研究は、PUVA療法の利点を確認し、反応が完了した場合はその後の維持療法を支持するだけでなく、2つの潜在的なバイオマーカーも特定しています。有益な価値は、比較的少数の参加者によって制限されます。

!-- GDPR -->