進行性腎細胞癌で成功した標的療法

バックグラウンド

進行性腎細胞癌の治療では、標的治療アプローチが一次治療として確立されています。 2005年以来、米国食品医薬品局は腎細胞癌の標的療法のための12の新しい有効成分を承認しました。

それ以来、さまざまな研究で、これらの治療が影響を受けた患者のより長い生存につながる可能性があることが示されています。標的療法により、65歳の生存率と比較して、最大24〜30か月の生存率を達成することができ、臨床研究では、このグループはほとんど過小評価されています。患者の最大3分の1が初期診断時にすでに転移性腎細胞癌を患っていたため、本研究は転移期の患者にも焦点を当てた。

目標の設定

本研究では、非標的療法と比較した、ステージIVの淡明細胞型腎細胞癌患者における標的療法間の生存率の違いを検討しました[1]。

方法論

Liらによる後ろ向きコホート研究では、初期診断としてステージIV(「腫瘍学の国際分類、第3版コード8310または8312」による)の淡明細胞型腎細胞癌を有し、標的療法を受けていた患者(研究グループ)または非標的療法を受けた(対照グループ)。非標的対照群は、初期治療としてインターフェロンとアルデスロイキンを投与されました。対象となる研究グループは、スニチニブ(n = 345; 54%)、テムシロリムス(n = 101; 16%)、ソラフェニブ(n = 98; 15%)、ベバシズマブ(n = 51; 8%)、パゾパニブ(n = 34)を投与されました。 ; 5%)またはエベロリムス/アキシチニブ(n = 12; 2%)。

収集された患者データは、「監視、疫学、および最終結果プログラム」(SEER)のがん登録(2000-2011)から取得され、健康保険データ(「メディケア登録データ」または「メディケア請求データ」[パートA、 BおよびD])2000年から2013年まで。これらのデータには、人口統計、診断、および臨床情報、ならびに癌患者の死亡に関する情報が含まれていました。
主要転帰は全生存と癌特異的生存であり、癌の最初の薬物治療と患者の死亡の間の間隔、または観察期間の終了(2013年12月31日)として定義されました。

標的療法の延命効果を推定するために、生存率を計算する際に考えられる破壊的要因を考慮に入れ、疑似ランダム化を実行する操作変数評価が使用されました。データ分析は、2017年7月から2019年4月の間に実施されました。

結果

淡明細胞型腎細胞癌の合計1,015人の患者が研究に含まれました(平均年齢71.2歳±標準偏差[8.1歳]; 392人(39%)の女性)。患者のうち、374人(37%)が非標的療法を受け、641人(63%)が標的療法を受けました。

標的療法群では、障害のある患者と高齢の患者(特に75歳以上)の割合が高かった。さらに、このグループは、非標的療法を受けた患者のグループと比較して、より高い併存疾患指数と障害スコアを示しました。研究グループはまた、対照グループと比較して、骨転移を有するより多くの患者を含んでいた。肺転移の割合は、2つのグループで有意差はありませんでした。別の違いは、i.a。標的療法を受けているグループでは、より高い併存疾患スコア(国立がん研究所チャールソン併存疾患スコア)。患者の平均追跡期間は8か月(3〜20か月)でした。この間に、対照群の合計369人(99%)の患者と、標的療法を受けた562人(88%)の患者が死亡しました。腎細胞癌特異的死亡率は、非標的療法群でn = 283患者(76%)、標的療法群でn = 395患者(62%)でした。

未調整のカプランマイヤー曲線は、標的療法と非標的療法の全生存期間が長いことを示しました(ログランク検定、χ21= 5.79; p = 0.02)。生存期間の中央値は統計的に有意ではありませんでした(8.7か月; 95%信頼区間:7.3-10.2か月対7.2か月; 95%信頼区間:5.8-8.8か月; p = 0.14)。

操作変数推定によると、平均全生存期間の利点は、標的療法を支持して3か月(95%信頼区間0.7-5.3か月)でした。さらに、標的療法と非標的療法の全体的な生存率の改善は統計的に有意であることがわかりました:1年で8%(44%[95%信頼区間:39%-50%] vs. 36%[95%信頼区間間隔:30%-42%]; p = 0.01)、2年で7%(25%[95%信頼区間:20%-30%] vs. 18%[95%信頼区間:13%-23%] ; p = 0.009)、および3年で5%(15%[95%信頼区間:11%-19%] vs. 10%[95%CI、6%-13%]; p = 0.01)。

研究グループの患者の腎細胞特異的生存率も対照グループよりも有意に高かった:1年で(55%[95%信頼区間:49%-61%]対47%[95%信頼区間間隔:40%-53%)])、2年(36%[95%信頼区間:30%-42%] vs. 28%[95%信頼区間:21%-34%])、および3年(25%[95%信頼区間:20%-31%]対18%[95%信頼区間:12%-24%])。

研究グループはまた、標的療法が非標的療法よりも死亡リスクが低いことを示すことができました。これは、0.78の全生存のハザード比(95%信頼区間0.65-0.94)および0.77の腎細胞癌特異的ハザード比(95%信頼区間0.62-0.96)で示されました。中央値では、患者は調整後、中央値4.9か月(95%信頼区間0.4-9.4か月)の腎細胞癌特異的生存率の増加を示しました。

結論

研究グループは、彼らの結果から、腎細胞癌の標的療法は延命効果と関連していると結論付けました。これは、患者グループがより大きな医学的複雑さを示したとしても示すことができ、研究グループによれば、この治療法は大規模な患者集団にも適しているように思われることを示唆しています。

!-- GDPR -->