生殖器疣贅

有病率と発生率

  • 性的に活発な人々の80パーセントにおけるヒトパピローマウイルス(HPV)
  • 生殖器疣贅はHPV感染症の30%を引き起こします
  • 世界中に配布されており、地域に特別な焦点はありません。

原因と伝達

  • HPV感染症
  • 性交中の感染(経口および肛門も)および性交を伴わない性的接触(ペッティング)。

症状

  • 小さく、柔らかく、ピンク色のいぼ。多くの場合、ベッドのようで、膣や陰唇、陰茎、肛門にグループであり、口の中にもあることはめったにありません。
  • 通常は苦情なし
  • 灼熱感、かゆみ、痛みが目立つことはめったにありません。
  • 合併症:
  • 子宮頸がんおよびその他の陰茎または肛門の悪性腫瘍
  • まれにBuschke-Löwenstein腫瘍またはコンジローマギガンテア、主にHPV 6および11に由来し、免疫系の低下、扁平上皮癌のリスクを伴うことがより頻繁に発生します。

治療

  • 侵襲的:疣贅の外科的除去が可能です。レーザー、凍結療法、焼灼または電気凝固を使用した生殖器疣贅の除去も成功しています。多くの場合、性器いぼの薬物治療で十分です。
  • 薬用:サリチル酸、モノクロロ酢酸、トリクロロ酢酸、硝酸銀、インターフェロン、イミキモド、緑茶抽出物、ポドフィロトキシンまたは5-フルオロウラシル。
  • 性器いぼに対する有効性の以前の科学的証拠のないThujaまたはティーツリーオイル、新鮮なニンニクおよびセランディン抽出物。

予防/予防接種

  • 予防接種の推奨事項、予防接種スケジュール、およびワクチン:HPV予防接種を参照してください
  • 新しい性的パートナーと性交するときのコンドーム。
!-- GDPR -->